各種ブーツのカスタム&修理専門

ダブルミッドソール

ダブルミッドソール
 ビブラム #705BR
 ダブルミッドソール ボブステッチ仕上げ

ビブラム#705は #700をセパレートにしたソールです。

前面がハーフソールとなるため、シングルミッドソールの場合は、全体的にシャープなイメージを持たせることが可能でブーツのオールソールの際に良く用いられている仕様です。
また、ミッドソールをダブルにすることで、ソールとブーツの間の革が二枚になり、クッション力と自然な反発力が向上します。
その分、重量も増えますが見た目も武骨でワイルドな印象に仕上げることが可能です。

ハードで分厚い雰囲気を求める方にはおススメです。

ボブステッチ
ソールの中央にある魚の形のようなステッチングのことを通称ボブステッチと呼びます。
これは、ソールの剥がれを防ぐ為のステッチングでありますが、有名ブーツメーカーであるWESCO現会長ボブ・シューメイカー氏が考案したもので、ブーツ好きな方なら知ってる方も多いステッチングになります。

ダブルミッドソールは……

●底のステッチ(縫い目)あり

 :底部分を縫い直すため、どうしてもウェルトにダメージが生じ、今後のメンテナンスが難しい。しかし見た目は超COOL!

●底のステッチ(縫い目)なし

 :ウェルトのダメージがないため、次回以降のソール交換が比較的容易

before

ダブルミッドソール 修理前1 ダブルミッドソール 修理前2
▲ クリックで拡大

after

ダブルミッドソール 修理後1 ダブルミッドソール 修理後2

グッドイヤー・ウェルト製法
 主にビジネスシューズやワークブーツになど
 ・シングル・ミッド(ソール) 1枚のソールをウェルトに縫いつけて装着したもの。
 ・ダブル・ミッド(ソール) ウェルトとソールの間に
  もう1枚薄めのソール(ミッドソール)を挟み込んで2重にしたもの。

マッケイ製法
 主にビジネスシューズなど

靴の製法としてほかに、サイドステッチ製法、ステッチダウン製法、ラバー製法など。

投稿日:2014年8月12日 更新日:

お問合せフォームへ
修理例